<< 電源タップ ACアダプター1ヶ所付きが見つかった! | main | オイルヒーターに望みをかける! >>

2012は、CG満載でも、新鮮味に欠けてませんか?

この映画、正直に言ってお尻が痛くなるので、良い(椅子がくつろぎやすい)映画館に行かないと、途中で辛くなります。宣伝も入れれば約3時間は、トイレの近い私には、かなり覚悟のいる映画でした。その為、人の少ない公開前日のレイトショーで見ました。

この映画は確かにCGは素晴らしいと思いますが、結局予想通りの展開で、「ちょっと物足りない!」が、個人的な感想です。
CMにもあるように大地が裂けて、陸地が海に沈む様は確かに凄いけど、最後の結末はもっと違った内容でも良かったのではと思います。

こういった映画は、アメリカの人たちが喜びそうなパターンなのかな? 「デイ・アフター・トゥモロー」の方が個人的に好きですが、CGに頼りすぎではないかと感じました。

at 16:03, webterahata, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.terahata.com/trackback/1322995